二の腕が気になる方のウエディングドレス。

私が、結婚式をする時に一番悩んだのがウエディングドレスでした。なぜなら、私自身お世辞にも痩せているタイプではありませんし、その代わり主人がガリガリの痩せなので、隣に立つのも恥ずかしいぐらいでした。しかし、結婚式をしようと決めたわけですから、ウエディングドレスは切っても切り離せません。芸能人の方がデザインされた物を試着させてもらった時に、自分の二の腕が気になって仕方ありませんでした。何着も試着させてもらいましたが、私が選んだものはどれも二の腕が気になるわけです。そこで、プランナーさんに恥ずかしながら相談すると、二の腕を隠そうとすればするほど太さが気になってしまうから、逆にオフショルダーのものを選び、出してしまう方が気にならないと教えてもらいました。オフショルダーのウエディングドレスを試着させてもらいましたが、確かに気にならないのです。人はコンプレックスを隠そうとしますが、逆に強調させてしまうこともあるのだと知りました。

ウエディングドレス選びで失敗しないために

ウエディングドレスを選ぶ際に覚えておかなければいけないことは、着たいものと似合うものは別だということです。これを忘れてしまうと、後日出来上がった結婚式の写真を見て、ショックを受けることになりかねません。もちろん、着たいものを着るのは大切なことです。似合うからと言って気に入らないデザインを選ぶ必要はありません。ただ、バランスは必要です。着たいという理想と、似合うという現実のバランスを上手くとって、最高のウエディングドレスを見つけ出しましょう。そのためには、ドレス選びには一人で行かず、ご主人やお母様にも来てもらうのが良いです。友人でも構いません。まずは自分の着たいと思っていたものから着てみましょう。次に、第三者が選ぶものを着てみましょう。そして最後に、第三者の意見を取り入れつつ自分好みのデザインを選らんでください。きっと、その一着が選ばれる一着になります。

ウエディングドレスの選び方

結婚式でウエディングドレスを着るのは、ほとんどの女性の憧れです。一生に一度の晴れ舞台である挙式・披露宴は、花嫁のためにあると言ってもいいようなものです。挙式は和装でも、披露宴はウエディングドレスを身にまとうのが常識で、華やかなドレスは幸せな花嫁を象徴するものです。ウエディングドレスは、自分の体形や年齢に合わせて選び、さらに披露宴会場の雰囲気に合うものであることが大事です。ホテルウェディングなど、大人数のゲストが集まる大きな披露宴会場なら、シンプルなドレスよりも華やかでボリュームのあるドレスのほうが映えます。逆に少人数でアットホームなレストランウェディングだと、ボリュームのあるドレスは場違いになってしまうので、シンプルなものにすべきです。しかし二度とない事なので、自分の好みに合うドレスを選ぶことが一番大事です。

レンタルご利用の流れを説明いたしておりますので当サイトをご覧ください。TOP WEDDING資料・衣装のカタログをご用意しております。プロスタイリスト・ヘアメイクによるクオリティの高い施しで必ず満足いただけるはずです。ご来店の予約、資料などのご請求、お問い合わせは当ホームページのフォームより送信下さいませ。満足頂けるウエディングドレスをご用意!