北海道式の披露宴が全国に広まっています。

ご祝儀を3万円ほど包んで出席する披露宴と違い、北海道の挙式は会員制なのがごく当たり前となっています。北海道では親族の席を新郎新婦に一番近い場所に置き、親しい友人や家族と気軽に会話を楽しみながら行います。会費は1万~1万5千円が一般的で、わざわざ包むことなくレジで支払を済ませるように財布から出して手渡しするのも本州に暮らす方には馴染みない風習かもしれません。また、会員制で行う披露宴は娯楽にお金をかけるよりも日常生活を豊かにしたいという北海道民の堅実さが現れていますが、この方式が今の堅実なカップルから人気となり、シンプルだけど温かみのあるアットホームな式を行う方が増え始めています。全国でも一番見て欲しい親しい人達を新婦の傍の席にする、飾らない素敵な習慣もこれからは当たり前になってくるのかもしれません。

北海道で行う魅力ある披露宴

一生に一度の晴れ舞台となるのが披露宴ですが、その舞台に一番ふさわしい場所として北海道の自然あふれる大地で行うことであります。結婚式で大切となってくるのが、やはりその土地が持つ魅力であります。北海道の歴史は、新しく、これから新しい人生を二人で歩んでいくには、ピッタリでしかも清新な印象を出席するみんなに与えてくれることは間違いないことでしょう。またその大地で育まれた料理も大変美味しく、その宴に花を添えることとなります。何よりもその食事から家族の会話も弾むことは確実であります。日本のどの場所よりも素材から美味しい料理を提供できるところはないものと考えます。また北海道の持つ歴史からくるその新鮮さは、建築物のそれとは違います。宣教師たちが建築した教会は、百数十年前にもかかわらず、重厚な趣きを放っていて、二人の愛を確かめ合うには適した場所であります。

自分らしく行える北海道スタイルの披露宴

誰も見ていないシャンパンタワーやオプションイベントにお金をかけることなく、飾らないアットホームな挙式を行っているのが北海道のカップルたちです。北海道は元々レジャーや娯楽にお金をかける習慣が少なく、堅実な道民生で無駄を省きつつも参列者が楽しめる会員制の披露宴を行っています。この習慣は年収に左右される事なくどなたでも一般的に行っていて、親しい友人や家族を大切にするスタイルを失礼と思わず当たり前として受け入れられています。そんな見栄を張らないスタイルが全国のカップルたちから支持され、お金をかけずに自分らしく行える会員制の披露宴に注目が集まっています。不必要なイベントを省いて料理のグレードを上げたり、出席してくれた友人や親族と気軽に会話を楽しんだりすることができますし、招く側も招かれる側もお互いに出費を減らす事ができるので、北海道の披露宴がこれからのスタイルの一つとして当たり前になってくるのかもしれません。